Now Loading...

新着情報

幸呼来~さっこら~

写真1

こんにちは。「盛岡さんさ踊り」を披露します「山岸さんさ踊り保存会」です。

「さんさ踊り」は岩手県盛岡市及びその周辺で古くから伝承され、1978年からは統一した「盛岡さんさ踊り」が市内外の地域や

企業などの皆様に親しまれて踊られるようになりました。

毎年、8月1日から4日まで開催されるお祭りでは3万人以上の参加者と多くの観光客をお迎えする

東北でも屈指の大きなお祭りになりました。

 

私たち、「山岸さんさ踊り保存会」が伝承する踊りは、藩政時代(約400年前)から伝わる古い所作を残す踊りで、

軽快にして変化に富みつつも極めて格調が高く、さらに他の踊り組みの小振り太鼓と相違し

尺八寸(約54cm程度)の太鼓から響き渡る迫力に、昔お国入りの藩主も長旅の疲れを忘れ

「さあさ踊れ、さあさ踊れ」と囃されたものだと言い伝わっております。

また、歴代太夫とも古来の型の伝承には心血を注ぎ、いたずらに改良することは決して許されなかったため

各舞の由来も約400年の歴史を経て今に伝わっているところであります。

 

ハイウェイフェスタとうほく2018では、統一した盛岡さんさおどりのほか

山岸地区に古くから伝わる伝統さんさおどりを披露します。

ぜひ会場でお楽しみください。お待ちしています。

【山岸Facebook】

山岸さんさ踊り保存会

一覧へ戻る

TOPへ